スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画期的世紀的大発見

目覚ましの音を聞く事が出来ない私は朝はいつも起こしてもらっている。
自分で起きろとか言うな自分が一番思っとるわ。
まぁそういう訳だが、普段は6時前後に起きている。
今朝、目を覚ますと7時過ぎだった。
ベッドの横には狼狽する母。
時間を確認して最初に私が言った言葉「あー…遅参で一時間休み取るって連絡しとくわ」
しかしよく考えてみれば急げば9時の仕事開始時間には間に合う。
急ぐという選択肢が頭になかった私一度逝けばいい。
母に急かされて用意するうちに脳が覚醒して急げば間に合う事を理解し、
電車の乗り換えを急いだおかげで普通に間に合いました。
良かった良かった(


そういえば、今日、画期的にして世紀的な大発見をしました。
ストレスで体調に影響を及ぼす時。
よく、ストレスで太ったとか痩せたとか言いますよね。
私は考えたのです。
ストレスの種類にもよるけど、不安・恐怖・動揺、そういった類のストレスを受けている時、
人はきっと心拍数が上がっている筈。
心拍数が上がっているという事はだ、それだけ心臓に負担がかかり、その分エネルギーを費やす。
そう、もうお分かりいただけただろうか…?
私はそこに一つの仮定を見出だした。
『心拍数が上がれば痩せる』…つまり食事制限や運動、特殊なサプリメントの飲用をしなくても簡単(かどうかは分からないが)に痩せられる可能性があるという事だ。
この仮定でいくと、ホラー映画を見たり苦手な人と過ごしたり人前で緊張したりするだけで人は痩せられる。

…根拠は何もありません(
でも心拍数と消費エネルギーの関係から人間の身体のメカニズムを調べてみるのも面白そうだなとか思ったり。
もし本当に仮定が成り立つとしたら、それを私が論理的に証明したとしたら、
私は痩せたい人たちの英雄ですね。
サインを貰うなら今のうちd(もう終われ)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。