スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某方の夢無双

ずっと行方不明だった某みぃちゃんのキャラ某ナユタ君が見つかったという。
駆けつけるとナユタ君は彼女キャラさんと感動の再会をしており、心配していた彼女キャラさんは安堵のあまり泣いて怒りながらナユタ君の頬を殴っていた。
彼女キャラさんは手に武器を装着していたせいで、ナユタ君の頬にでかい切り傷が出来ていた。
私はそれを見て某シレちゃんと顔を見合わせ、「良かったね」と微笑ましく笑い合っていた。
ふと、出勤時間が迫っている事に気付く。
そういえば某ハレさんも心配していたな、と思って、ハレさんに連絡だけしておく。


流れは飛んで。
私は母と兄と、とあるレストランで食事をしていた。
パスタが添えられたでかいチーズ入りハンバーグだ。
三分の一ほど食べたところで満腹になって、パスタも少しだけ残っていた。
そこへオフ友が通りかかって、言葉を交わす。
ハンバーグが多いと言うと、それなら食べてあげようかと言われたので、
いや、よく見たらハンバーグはあとちょっとだし、パスタをお願いと食べてもらう。
ルカが行ってから残ったハンバーグを食べようとしたら、やっぱりハンバーグは三分の二ほど残っている。
しまった、パスタは少ししか残ってなかったしパスタ大好きだからハンバーグを食べてもらえば良かったと後悔していた。
そこで母に時間を注意される。
見ると10:54である。間に合わないどころかとうに仕事が始まっとる。
どうしよう、連絡もしていないと狼狽しているところで目が覚めた。
時間は5時過ぎだった。


マジで最近夢を覚えてるな…
そして何かに遅刻しそうで慌てているのに、何やかややってて結局大遅刻というパターン。
時間に追われてるのか…?(笑)

ちなみに夢の冒頭でポン(犬)が出てきたが、狂暴化しているのを叱りつけるというものだった。
ポンが夢に出てくる時は何故か狂暴化している事が多い。
狂犬病にかかったとか。
普段は言う事をよく聞く賢い犬なのに…まあ歯向かったり言う事を聞かなかったら徹底的に叱りつけるのだが(

更に某方が夢に出てくる時は何故かメールしてる事が多い。
その場に一緒にいるというのは少ないかも。


もっとストーリー性のある夢が見たい。
覚えてるだけいいのだろうか。面白いしな。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。