スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡レポ的な何か

つってもレポートするほど大したことはしてないけどww
福岡1日目は日曜日に行って桧葉とお昼ご飯食べて駅の中にある店をウロウロしてきた!
アンティークショップとか、紅茶専門店とか、輸入店とかvv
可愛いものいっぱい見て女子力が上がった…ような気がする(気がするだけ←)
私は鞄フックを買った!
鞄置いたりかけたりする場所がない時でもこれがあれば鞄をかけられるという便利なもの!
これ前から欲しかったんだよねーvv

満足した後は一旦ホテルにチェックイン&荷物置き。
それからすぐ近くの桧葉の下宿先に押しかけてきた!
イラストの加工とかパースとか色々見て教えてもらったぜ…マジ…マジぱねぇ…
技術は盗むものだってばっちゃが言ってたけどレベルが高すぎて盗めない場合はどうすればいいですか先生ぇ!!!
あっでも桧葉のオリキャラは原本見ながらいっぱい練習してきた!これで勝つる!気がする!(また気)

で、夕食を買いに行ってコタツでまったりTV観ながら食べて。
行ってQにああやこうや言って運び屋の映画(タイトル忘れた)にああやこうや言って(
ホテルに戻ってのんびりしたよ!
一人で宿泊施設に泊まるとか久々すぎて軽くテンション上がったね(


翌日は6時過ぎに目覚めた!いつも通りの起床時間じゃねーの!
まあ待ち合わせが昼前だったので2度寝3度寝しててたwww
平日に昼前まで寝てるとかこれ何て楽園wwwふひひwww
一緒にお昼ご飯食べて、のんびりしてから映画『TIME』を観た!
面白かった!つかカッコいいなおいぃ!
主人公美形だしハンサムだし顔整ってるし(
ヒロインもかっけえ…
寿命縮まるのは嫌だけど、あんなことできるなら死んでもいいかも(笑)まあ死にたくないけど(
それにしても色々と考えさせられる映画でしたわ…
アクションという面のみなら、熱くなれるしカッコいいし手に汗握るし面白かったけど。
主人公達の行動が、映画の中の社会にとって本当にあれで良かったのか?という点においては疑問が残る…かな。

で、映画観た後にお土産買って解散~!
とおりもんと苺大福と辛子蓮根買ったwww苺大福うまし
新幹線2時間ちょいだけど、長旅って感じしないなあ…乗ってる間絵を描くか小説書くか寝るかしてたらあっという間(幸せな奴)
普段通勤に1時間半かけてるしよく遠出するからというのもあるかも!


以下は珍しく映画を観て思ったことなんかを語ってみた!
直接的なネタバレはないけど、何となくどういう話か分かるから追記反転!
作品を非難してるつもりは全くないけど、好きな人が読んだら気を悪くするかもしれないから、出来ればTIMEが好きな人には読んで欲しくないかな。





映画では人生の残りの時間を通貨に置き換えての、貧富の格差社会、がテーマだったと思う。
まあ現実で考えると、貧富の差を無くすのは、本当に難しい。
福祉の進んだ国では貧富の差がない国もあるけど、それを真似すればいいってものでもないしね。
国の民族性、経済的・文化的・歴史的背景があっての現在の状況だから、それぞれの国に合った対策が必要なのは言うまでもないこと。
ましてや、貧しい人に金をバラ撒けばいいってもんでもないでしょう、と。
確かに金は必要。
その日暮らしをしている人に、当面生き延びるだけの金を渡すことで、いったい何十人何百人の命を救えるのか。
けれども、それだけじゃただの延命措置にすぎない。
たとえまとまった金を手にして、スラムから抜け出しても、その金はすぐに底を尽きる。
移住先で金を得ようと思ったら働かなければいけない。
でもそんな求職もないだろうし、肉体労働者ばかりの集団の中に、中流・上流社会で求められる知識や技術を持つ人がどれだけいるのか。
結局、職がなくて元のスラムに戻るのがオチではないだろうか。
仮に死ぬまで金を支給し続けたとしても。
その世代の人々が死んだ後、中流・上流社会で生きる術を持たない次世代の子供達はどうなるの?
次世代にも金をバラまくの?次々世代にも?
そんなこと、まず不可能でしょう?

本当に格差社会を変えるなら、まずはスラムを整備すべきだったのではないかな、と。
無料で学べる学校を作って、知識や技術を身につけて、まずはスラムと一つ上の階層との垣根をなくす。
それから更に専門性の高い分野に手を伸ばして、現在の自分より少し上の階層と対等に渡り合えるだけの力を。
他にもやり方はいくらでもあるし、そう単純に上手くいくことでもないけど、少しずつ改善していくしかないんじゃないかな。

主人公がやったことは何かのきっかけにはなるはず。
秩序がいい意味でも悪い意味でも目茶苦茶になって、映画の中はこの先どんな世界になるのかな、なんて。
主人公がやったことでこの先、格差社会を壊そうという動きが広がって、いずれは変わるかもしれない。
でもそれには長い時がかかる。
出来ることなら、主人公には強盗はやらずに地道に活動して欲しかったかな。
力に訴えると納得するものも出来なくなる部分が出てくる。
そしてヒロインには、家に戻ってほしかった。
せっかく富も力もある家の娘なのだから、その権力と人脈をフルに使って上から人々の意識を変えて欲しかった。
それはヒロインにしか出来ないことだったのに、勿体ないなあ、って。

まあ、そんな小難しい話じゃなくて、『権力に立ち向かって大暴れ!』って話なんだろうけど!(笑)
むしろ胸熱いいぞもっとやれ(結局このオチ)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。