スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の顔


暮れなずむ陽光が完全に消えると
ようやく夜の時間が始まる
活気づく昼間とは違う顔
きらびやかなネオン、絶え間無い喧騒
着飾り行き交う夜の男女たち
人々の営みがなおも続く
この町は決して眠らない



人混みは別に好きじゃないんだけどね、うん。
何気に、夜の町を歩くのは好きかもしれない。
人通りのない暗い道は避けるけど。
終電も過ぎた後に、駅からネオン街の人混みの中を通り抜けて、ちょっと遠回りだけど大通り沿いを通ってのんびり家に帰るのだ。
夜中どころか明け方前でも車走ってて明るいwww
つっても「歩いて帰る」と言っても「それ位なんてことないから車で迎えに行くよ」と母が駅まで来てくれるから滅多にないのだけどww

以前は別に好きでもなかったのだけど、ある日を境に好きになったかな?
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。