スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜日のこと

昨日は、中高来の親友が大阪の某スポーツバーに一日だけ勤務になったということで凸してきまして。
2時間半ほど親友の働く姿を観察して周囲の異様な盛り上がりを傍観してきた(何しに行ったし)
サッカー好きの集まりみたいな?
みんなで食べて飲んでサッカー試合のTV見て、日本が点を入れたら盛り上がって肩を叩いて…みたいな…
一人AKYな私だったけど、まあ、楽しかったよ(










ペットの死、命というものに関してトラウマがあったり不安定になる方はこの先は読まないでください。
さて…正直言うと書くのは気が重いんですけど、でも自分にとっては書かないといけないことなんですよね。


うちの猫の1匹が急死しました。
金曜日に帰宅してから知らされました。
名前は小雪、年齢不詳の元野良です。
元々は母と私が祖母宅で暮らしてる頃に兄が飼い始めた猫だったのが、母と私が自宅に戻って兄が京都に行ったことにより『うちの猫』という形になった子です。
私は2年…にも満たない付き合いだったのかな。
普段は仕事があるし、そもそも私と雪の生活圏が2階と1階で分かれていたせいで殆ど接点もなく。
薄情かもしれないけど、あまり、喪失感というものはないです。
なんて、他の猫はちゃんの可愛がってるのに、そんなの言い訳ですね。


年齢不詳といってもまだ若くて、食欲もあって、うちの子(犬含め)の誰よりも食べることに執着を見せる子で。
誰よりも元気で殺しても死なないような子だったのに、まさかこんな早くいきなり死ぬとは思いませんでした。
母の話によると前日に少しだけ鼻血を出していたそうな。
翌日に明らかに様子がおかしくなり、病院に連れて行った時には、身体に特に異常はないので栄養剤で様子を見ましょうと言われ。
帰って、夕方頃に他界したそうです。


変な伝染病とかだったら他の子への影響が怖いので、今調べてもらってます。
でも私も自分なりに調べたところ、脳梗塞か心筋梗塞の可能性が強い…のかな?
特に白猫は先天性の心臓疾患を持ってる場合が多いみたいで(いわゆるアルビノってやつですね)
まあ雪は完全な白猫じゃないけど…頭と尾が黒いんだけど。


多分、伝染るものである可能性は低い…と、思うんだけど。
残る3匹のうちのココが熱っぽくて少ししんどそうにしてるんです。
雪は他の3匹と仲が悪くて、雪がいなくなっても小梅とモモ太は平然としてるんだけど。
ココは一番賢くて優しいからもしかしたら気にしてるのかもしれない(実際少し探してた)
もしくはやっぱり何かしら伝染るものだったのか、雪は関係なくただの不調なのか。
一番体が弱くて、子猫の頃にも白血病でもう駄目だと言われたこともある子なので、原因は分からないですね。
症状からして雪のそれとは違うと思うんだけど。

今日母がココを病院に連れて行ってくれるそうなので。
仕事の状況次第では私も時間休み取って早く帰って付き添おうかな。


このブログをわざわざ読んでくださる方は、私を気にしてくれる優しい方ばかりなのだろうと思うので。
こんなことを書くと必要以上に心配して心を痛めるんじゃないか、とも思いました。
でも書かないというのも、『どうでもいいことなんだ』と自分の中で感じる罪悪感もあって…身勝手な罪悪感ですけどね。
その時ちょうどメールをしていた友人にも何も言わなかったのもそのあたりが理由です。
メールで『猫が急死したけど私は大丈夫』って言っても『いや大丈夫ちゃうやろ』ってなると思って(笑)


接点がなかったといっても、小雪の死に対するショックは大きいです。
事故でもないのにこんないきなり死ぬことがあるんだな、と思いました。
小梅はもうそろそろ高齢だし元々あまり食べない子だし、ココナッツは抵抗力が弱いし、百々太郎(モモ太)は腎臓が悪くて療法のエサのために太ってるし(雄猫の肥満は血栓が詰まっての急死に繋がりやすいらしい)
言うてみれば、うちの子らはいつ何かあってもおかしくないんですよね。
ポン(犬)も白内障になりかけてきてるし…
どうしても死は訪れるものなので、いっぱい可愛がって、叱って、喧嘩(笑)して。
他界する時にはせめて安らかに、幸せな猫生であれ、と思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。