スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新キャラ

120920.jpg
エトワング・ヒェンイッツ

軍直属の研究機関の最高責任者。
遺伝子工学・分子生物学の権威であり、人工生命(ホムンクルス)、合成生物(キメラ)などの研究を手がけている。
マッドサイエンティスト。

軍直属の研究機関の存在は昔から考えてたけど、実際の研究者までは考えてなかったことを思い出して。
昨日ちょっと考えてみたらすんなりイメージ出来たのでガサガサと描いた!
本編に研究機関も絡んでくるし、もっと具体的に練らないとなあ。
ホムンクルスとかキメラとかも具体的には全く考えてない。
ホムンクルスに至っては技術が確率しているかどうかも未定。
ホムンクルスつっても人間というわけではなく、ただ人工的に生物を作り出すというだけ。


刻継ぐで眼鏡キャラは初めてですが何か(
刻継ぐの舞台となるアングリテン国は軍事国家であり、軍が力を持つ。
その直属の機関の一つに研究機関があり、面向きには普通の研究がされている。
アングリテン国は航空学が遅れている反面、遺伝子学が発展しており、それは医学や農学等にも影響している。
ただしモラルとして、遺伝子操作による生物へのアプローチ(人工生命や生物合成等)は暗黙の了解として禁忌とされている。
それを軍の支持で秘密裏に行い、実際にキメラを作り出したりもしている隠れた研究機関がエトワング率いる研究グループ。

ナタル族の力に関する研究もエトワングがしているように考えてたけど、分野が全然違うものな。
どちらかというと民俗学と生物兵器開発…でも分子レベルでは共通してるんだよなぁ。
生物兵器開発グループの中の遺伝子工学担当と民俗学担当?
ラウトが幼い頃に被験体にされた実験は、このグループ内の人間行動学もしくは心理学とか人格形成に関する分野なのかな。
こちらの実験の首謀者は、今は軍を抜けてもう一人の元被験体であるGVメンバーに守られているということにしよう。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。