スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らし

にまつわる色んな恐怖体験について昨日ちょっと読んでました。
いえ、オカルト的なものではなくてですね。
深夜のチャイムとか勧誘とか空き巣とか変態とかストーカーとか、そういった人為的なものです。

私は母ちゃん大好きっ子だし、ママンを一人にしたくないし、わざわざ一人暮らしする必要性もないし、実家暮らしのが明らかにお金かからないし、あと起こしてもらったり車出してまらったり洗濯食事掃除etcのメリットも美味しい(子供か)
でもたまに一人暮らししてえってなるわけです。
残業が続いたり連休が家族付き合いで潰れたりと、主に自分の時間が取れない時。
でもやべえ、一人暮らし怖い!
つか確かに怖かったよ高校時代にほぼ一人暮らししてた時!

私高一、兄大学一回生の時に今の家で二人で暮らしてたけど、兄は京都の大学に通っていて殆ど家にいなかったわけですね。
まあほぼ一人暮らしの自由を満喫してたけど(その頃の成績ガタ落ち)
暗くなってから帰宅して玄関の鍵を開ける時はいつも異変がないかアンテナを張っていたし、常に部屋に木刀(何故かあった)を置いていたし、少しでも物音がしたら木刀握りしめて確認に行っていたし。
マンションとかならともかく、怖いんだよね。一軒家の一人暮らし。マンションも怖いだろうけどさ。
一軒家はほら、自分一人しかいないのに無駄に部屋があるから。
まあゲーム三昧漫画三昧お絵描き三昧だったから実際はそこまで怯えていたわけじゃないんすけどねwwwwwwふっへへwwwwww

あ、でもGはマジ恐怖だった。
頼る相手いないから…自力で殺るしかないから…いや母と暮らしてたって押し付けられるけど…
あいつら気配するから。マジ存在感放つから。
一人しかいない家の台所に立った時に隅っこの暗がりで動く気配、マジ恐怖以外の何ものでもないから。
飛ぶしね。何故かこっちに向かってくるしね。消え失せろ。


おっと!横道に逸れたまま熱くなっていたらもうブログタイム終了(帰宅)だぜ!
長くなってしまうし続きは明日書こう!ネタないしな!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。