スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eat in Turkey!

トルコ旅行中に描いた初描き絵まとめ。
殆どバスの中で思いつくままに描いたので、線がガクガクしてたり絵柄が違ったりする。
あと自分が実際に食べたものを記憶を頼りに描いただけなので、厳密には実際と違うかもしれない。
1枚目だけ食べ物じゃない。

長くなったので追記にて!

※まとめるうちにトルコの食べ物レポになりましたが、写真は枚数が多すぎて抜粋が大変なのでありません。
 そのうち写真を整理したら載せるかもしれません。
 特に調べて確認もしてないので不明な点もあります。
*****


アラブ系衣装ナスクと踊り子アル。
140103-01.png
民族衣装やらベリーダンスやらを見て衝動に耐えきれずデザインのメモ程度に描いたもの。


【チョップシシ】
牛肉を串に刺して焼いたもの、要は牛串。
140103-02.png
牛串を焼いたものに、好みのスパイスを振りかけて食べるもの…だと思います。
塩と胡椒をちょっとかけたらとても美味しかった。
トルコは宗教上豚肉を食べないため、みんな牛肉が大好きとのこと。
確かに牛肉がふんだんに料理に使われていました。


【ロクム】
140103-03.png
トルコの伝統的なお菓子。
京都の羽二重餅みたいな感じです。
ピスタチオ、アーモンド、バラなどの味やチョコでコーディングしたものもあります。
もしかしたら好みが分かれるかも?私はアーモンドが好きでした。


【トルコ風ピザ】
140103-04.png
生地は薄くてクラッカーみたいにパリッとしていて、円ではなく長方形の形に切ってありました。
私が食べたのは2種類の味で、チーズとミート。
ミートは挽肉とピーマンのみじん切りを混ぜたもので、私はピーマンが嫌いですがチーズは美味しかったです。


【カッパドキアの赤ワイン】
140103-05.png
トルコのカッパドキアの赤ワインが美味しいので有名だそうです。
お土産にもロクムと並んでカッパドキアの赤ワインはメジャーですね。
入れ物が特徴的な像になってて置物としても楽しめるのですが、値段が高めなのとかさ張る上に重いので手を出しにくいです。
ディナーで出ましたが、私は赤は苦手なので母に味見で貰ったのみで白を飲んでました。
味は、まあ…ワインって味の違いは分かっても深みとかは分からない人なので、すみません(


【トルコアイス】
140103-06.png
これは割と有名ですよね、伸びるアイスです。
はい、本当に伸びました。屋台のおっちゃんの「逆さまにしても落ちないよ~」なパフォーマンス付きです。
でもトルコアイスは2回買う機会がありましたが、イメージしてた『コネコネ、グネ~ン』的な腕いっぱいに伸ばすパフォーマンスはありませんでしたww
味は濃くて少し甘すぎる感もありましたが、気になるほどではなく美味しかったです。
バニラ・ピスタチオ・チョコ・イチゴの味がメジャーな感じでした。
バニラ・ピスタチオを買いましたがバニラが好きです。
ピスタチオも美味しいけど…びみょ~に引っかかる味、かな…?という感じです。
母は普通に美味しかったみたいなので好みだと思います。イチゴも食べてみたかった。


【ケバブ】
140103-07.png
街中のどこにでも、至るところに、立ち止まって視界に入るだけでも2~4軒はある、というぐらいにケバブは売ってるお店多かったです。
食べるところが密集しているところだとそれこそどの店にもある感じ。
牛肉のでっかい肉界を回しながらジワジワと炙って、注文があるとそこからナイフでそぎ取ってキャベツのみじん切りと独特のソースと共に薄いナンみたいな生地でクレープにしたものです。
…といっても、日本で2回食べたことがあるのがそれで、実際にはトルコでこのタイプのケバブは食べませんでした。
ただ見る限りは似たようなものだと思います…牛肉と一緒に入れるのがキャベツなのか、それとも違う何かなのか、そこまでは分かりませんでした。

私が食べたのはケバブサンド、同じようなものじゃないのかと思いますが違いました。
こちらは挟むのに使うのはフランスパン、中身は牛肉のサイコロステーキみたいなものとジャガイモ、トマト、ピーマンを炒めたもの。
ソースも何もつけずに素朴な味を楽しむ感じでしょうか?(トルコは濃い味の料理が多かったので結構珍しいと思いました)
私は色んな素材を一緒に食べるのがあまり好きじゃないのでトマトは個別で食べました(ピーマンは母にパス)が、パンと牛肉とジャガイモが驚くほどマッチしててとても美味しかったです。
ジャガイモにちょっと味がついてたのも美味しい味だったし、この3つの組み合わせってこんなに美味しいものだったんですね…
これは日本でも自分で作ろうかと母と話していました。


【チャイ】
140103-08.png
要は紅茶です、ええ、ただの紅茶です本当にry
チャイというと二つの容器に交互に勢いよく入れながら作る、甘みの強いミルクティー、を連想する私は最初戸惑いました。
紅茶(ティー)でいいいじゃないのwwwって何度心の中で突っ込んだことか…
でもトルコの人にとってはこれはチャイで、そのチャイを楽しむことに誇りもあるのでしょうね。
トルコの人は本当にチャイが好きです。
街中の至るところで、それこそ民家の人から街頭の階段に座り込んでいるおっちゃん、店頭でものを売っているお兄ちゃんも、誰もが可愛らしい小さなグラスで熱いチャイを飲んでいました。
そしてトルコではアップルチャイが人気です。まぁただのアップルティーなんですがry
途中で立ち寄った宝石店と絨毯のお店でも熱いアップルチャイをご馳走になりました。
日本のアップルティーを酸味と甘味を強くした感じでしょうか…美味しかったです。

でも食事でアイスチャイを頼んだらリプトンのレモンティー缶が出てきたのは釈然としない。
チャ、チャイ…結局ティーじゃん!みたいなwww


【テスティケバブ】
140103-09.png
これは絵として描くのはちょっと難しい&面倒なのでだいぶ簡略化しましたが、確か壺も独特の模様があったのです。
で、その壺の中に牛肉・トマト・人参・ジャガイモ・ピーマンをソースでつけ込んで、パン生地で壺の口を塞いで釜で焼く…ものだったかな?
だから本当は横に蓋代わりのパンを置いてないと駄目なのですよねww
そしてドロッとしたソースも一緒に出てきます。
これは、うん…ピーマン嫌いな私にはあまり美味しくなかったです。
だって他の素材にピーマンの味が移ってるんだもん…ピーマンが平気な人は美味しいかもです。



【全体的に】

食事…

・牛肉とジャガイモとピーマンに何か(トマト・人参)を組み合わせたものが多い。

・ライスは香辛料が入っていたりバターライスだったりで白米はありません。
 香辛料と言ってもレッドライスやパエリアを美味しく食べれる人なら美味しい~そんなに気にならないというレベルの味。

・香辛料自体は偏食な私が気にならなかったぐらいなのでそう極端にきついものはないはず。
 でも香辛料が苦手な人は気になるのかな…?私も苦手な方だとは思うけど…
 ただ一つだけトラウマになったものがありましたがwww
 それはツアーのメンバー誰もがつついただけで残していましたwww

・パンはどれも美味でした。めっさ食べた。
 これはトルコに限らないと思うけど、パサパサしてるものが多いのでバターかクリームチーズがないと日本人には辛いかも。
 ロールパンは日本と同じような感じ。

・チーズは固くてパサパサしててクセが強いものが多かったです。
 母が美味しく食べていましたが私はあまり好みませんでした。
 ホテルのバイキングだとパンにつける日本と同じクリームチーズも置いてあります。


飲み物…

・これは海外共通だと思いますが水道水は飲めません。
 レストランで水は出ないのでいちいち買う必要があります。
 だいたい100円~250円くらい。
 朝食バイキングの時は飲み物無料でした。

・チャ…ティ…チャイはお店ではストレートテ…ストレートチャイで出されます。
 好みで砂糖とミルクを入れて飲むので結局味は普通の紅茶かミルクティー。
 ただストレートもアップルも濃いです。
 私はミルクティーで飲むのが好きなので濃いのは嬉しかった。
 日本の一般のは薄いから砂糖とミルク入れたら紅茶の味が消えるんだよね。
 食事の時は何かしら飲み物を注文しないといけないから、水に飽きた後はチャイばかり注文して飲みまくっていました。

・他にヨーグルトドリンクもトルコでは好まれているそうです。
 砂糖の入ってないヨーグルトを水で薄めたもの、とでも言おうか…根性で母の分まで飲み干しましたが正直まずかったですonz
 み、水だと思って味わらなければそれなりに飲めた、よ…(

・イチジクを搾ったジュースが結構色んな場所で売られてました(メジャーなのかな?)
 オレンジの生搾りも多かったです。というかオレンジ自体が自給自足で街中でも木に実っている。

・アルコールはカッパドキアの赤ワインの他にヨーグルトのお酒も有名だそうです。
 これは…少し飲んでみたけど度も味もきっついです。
 ジンとウォッカとどっちがあの味か忘れたけど、それ系の風味が苦手な人にはきついと思います。


お菓子…

甘ったるくて味の濃いものが多かったです。
蜜につけたココナッツパイみたいなもの、独特の風味が強いもの、とにかくやたら甘くてあまり手をつけませんでした。
ココナッツ系とチョコ系が多かったかな…?
ただバイキングのデザートは種類も豊富なので、いくつか気に入るものもあるはず。
私はクッキーっぽい風味の、少し粉っぽいあっさりした甘さのスコーンみたいなもの(ホテルにも街のお店にもあったのでそういうお菓子があると思うのですが名前は分かりません)と、チョコとプレーンのマーブルになったケーキもあっさりしてて気に入ってました。
どちらも比較的甘さ控えめですねwww
日本基準だとだいぶしっかりした甘さだけど、それだけ向こうの他のお菓子の甘さに参っていたのかもしれませんwww

パイやらスコーンやらはだいたいは4×5cm位の大きさで、さくさくパサパサor蜜でしっとりねっとり、というパターン。
さくさくパサパサは一口で食べないとボロボロ崩れます。一口では無理だけど。
街中のお店でも売っていますが、1,000円~1,500円位の大量まとめ買いになっています。
量り売りだけど、少量買い(1ピースとか2ピースとか)を求めると売ってくれずに苦笑されるのでご注意を(
何グラム単位になっていたんだろう…トルコ語読めない!

街の至るところにベーグルパンや焼き栗の出店が出ており、パンは50~100円、栗は量によって値段が違います。
栗はでかくて固いけど甘さ控えめで美味しいです。

普通のクッキーやらチョコレートやらも普通に売ってます。
むしろ蛍光色の正体不明な何か、というのがネタに欲しくて探したけど見当たりませんでした。残念。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。